元気をキープする

いつも元気な人っています。
他方で、ある時は元気だけど、別の時は元気ではない、というように安定的な元気を確保できない人がいます。
いつも元気な人はそれをキープするための努力を怠りません。
気力、体力のキープに励んでいるのです。
最近、努力というと泥臭く流行しない言葉ではありますが、多くの成功者を支えているのはこの努力に他なりません。
常に元気でいること。一定のテンションを保つことはビジネスの上でも信頼性につながります。

相手の喜ぶ顔を想像しながらプレゼントを選ぶ楽しみ。

これは、贈り物をする時のだいご味とも言えるものです。

しかし、これだけ価値観が多様してくると、相手が贈られて喜ぶものを想像するのは

容易ではない場合が出てきます。

こういう時は選ぶ楽しみを贈られる側にお任せしてしまうのが賢いです。

具体的な例が、最近はやりのカタログギフトです。

カタログギフトの場合、選ぶ楽しみは、贈る側ではなく、贈られた側にあります。

 

カタログギフトについて

 

 

プレゼントされた側が自分の好みにあったものを選ぶ事ができるのでまず失敗がありません。

続きを読む≫ 2014/01/03 23:57:03

メガネ型や腕時計型などとして体に着用して使う端末、『ウエアラブル端末』は、ポストスマホとして市場関係者の間で注目されている端末です。

つい最近までLTEやSIMの話題で持ちきりだったのに、もう次の流れを追っている市場関係者の方たちには恐れ入ります。

「ウエアラブル端末」とは何なのか、まだ実態がつかめませんね。

ウエアラブルは訳すと「着用することができる」という意味となり、その端末ということになります。

ウエアラブル端末自体はとても小さなものです。

NTTがドコモはどうやら、眼鏡型のウエアラブル端末を開発中とのうわさを小耳にはさみました。

これは、スマホと接続して動画や映画などのコンテンツが楽しめるそうです。

外国語を日本語に翻訳する機能も備わっているそうで、発売されるのはいつ頃になるのかが気になります。

腕時計にもウエアラブル端末を利用したいと考える企業が多数存在するようです。

体に装着できる利点を生かし、体調の管理やカロリー消費量などの計測、さらには他人と競えるような端末を目指していると聞きました。

その他の家電にもウエアラブル端末の可能性を感じている企業は多く、今後のウエアラブル端末の行方に注目です。

続きを読む≫ 2014/01/03 23:57:03

最先端の近視治療と言えば、外科的手術により視力を回復するレーシック手術はその最たるものですが、欠点もないわけではありません。

一度施術をすると元に戻せないこと。

もともと角膜の薄い人には手術自体が困難なこと。

強度の近視には対応できないこともあること。

これらの欠点を克服した新しい治療法が「ICL手術」とよばれる施術法です。

この治療方は虹彩と水晶体の間にICLという小型のレンズを埋め込んで、焦点を調節するというものです。

この方法では黒目の裏側にレンズを固定するので、ほとんどずれたりする心配もなく、生体に近い成分でレンズができているので、一度入れれば時々メンテナンスをするだけでよいのです。

手術自体も10分ほどの簡単なもので日帰り退院も可能です。

この手術は不具合が起こった場合にもレンズを取り出すことで元に戻すことができます。

続きを読む≫ 2013/11/21 22:48:21
夏になるとスタイルを見せる事が多くなります。
特に女子は、肌の露出が増えるので、ムダ毛の処理は気になるところですね。
脇などの処理は家庭でやってる人とエステサロンでやってる人とに分かれると思います。
あなたはどっち派ですか?
自己処理は安く上がるし恥ずかしくないというメリットがありますが、仕上がりはやっぱりサロンの方がいいですね。
最近の脱毛スタイルは光が中心。機械さえあれば家でも簡単にできてしまいます。
以前は全身脱毛というと夢の夢といった感じでしたが、最近は随分と手軽にできるようになりました。
続きを読む≫ 2012/08/08 18:41:08

大学時代、あの頃は現在に負けず劣らずの就職難で、友人の中にも、

20社全部落ちた、という人は珍しくなかった。

看護師の友人はすんなり就職を決めていた。

専門職はそれだけ強いのである。

就職課の就活セミナーではいつも、とにかく会ってもらえなければ人間の評価もしてもらえない。

だからエントリーシートは重要だ、と口を酸っぱくして言われた。

私もエントリーシートは気合を入れて、とにかく他人と違ったものを書こうと必死だった。

しかし、就活セミナーに持って行くと、いつも修正されて落ち込むばかり。

ある日、私のエントリーシートを見ていたアドバイザーの方から、

「みんな人と違うことを書こうと思うから、みんな同じようなエントリーシートになるんです」

と言われた。

みな同じ大学生。

人と違うことなど、そうないのだ。

それから、自然体で自分のことだけを書くと、幸い数社から面接機会をいただき、無事に内定ももらえた。

大切なのは、みなと違う自分ではなくて、自分がよく知る自分だったということだ。

 

 

 

続きを読む≫ 2012/08/05 10:58:05

さて、私の上司は30代後半です。

仕事もできるし、人当たりもいいのですが、女子たちの間では「キューちゃん」と呼ばれていました。

それは髪が若白髪の上に、ちょっと髪が薄すぎるから、キューピーの「キューちゃん」なんです。

実は愛嬌がある髪の毛は結構、人気がありました。

しかし、そのトレードマークの髪の毛が、ある日を境に、量が増えていきました。

えっ、かつら?

思い切ってたずねた人がいたのですが、もちろん全否定してました。

でも、増えた部分には白髪がないんです。

それに、社員旅行には絶対に参加しないし・・・。

いまだに植毛かカツラか、それとも自然回復なのか、論争の的になっています。

でも、本人には悪いですが、前のほうが愛嬌があって良かったという意見が多いのも事実です。

続きを読む≫ 2012/08/05 10:57:05

かくれ脱水症状というのがあるらしいです。

クーラーをつけた部屋にいるので汗をあまりかかないのですが、実は湿度が低めだと体の表面から相当な量の水が蒸発して、体内の水分不足を招いているらしいのです。会社などには水サーバーを設置しているところも多いですからマメな補給をするように心がけましょう。

かくれ脱水の怖いところは、本人に自覚がないので、本当に悪くなるまでわからないというところにあります。

水分を取ることは大切です。

そして、夏場には水分だけでなく、電解質、酸、塩などのような物質がないと、神経や筋肉がきちんと働かなくなってしまうらしいのです。

ひどい場合には、倒れてしまい、何日も入院することもあるおそろしいかくれ脱水に注意する必要がありそうです。

このように、人の体の水分は十分に保たれている必要があり、人にとって水は生命を維持する上で大切な物質であることがわかります。

そして、水に様々な化学物質が含まれているかもしれない現在、安全なおいしい水を飲みたい、そうつくづく思う訳です。

続きを読む≫ 2012/07/18 22:35:18
世の中には多くの人が寝ている夜に働いている人がいます。
看護師やコンビニの店員、あるいはガードマンなどです。
本当にご苦労様と言いたいですね。夜勤は日勤より給料が幾分高いのですが、
夜勤はやはり人気がいまいちのようです。
高給をもらってもやはり日夜が逆転してしまうのは、ふつうの職種の友人とスケジュールが合いませんし
健康を害する原因にもなります。
自らの健康管理能力に自信がない人は夜勤はやはり避けるべきでしょう。
自分の生活リズムをきっちりキープできる人。そんな人に夜勤は向いています。
続きを読む≫ 2012/07/10 01:58:10
ツイッター革命、なんて書くと大げさに聞こえるかも、ですが、
現在、ツイッターやフェイスブックに代表されるSNSは革命の原動力になっています。
この現象をwimaxをはじめとする無線通信網の整備が加速させています。
どういうことかというと24時間、日本中どこからでも高速でネット接続できる時代がすぐそこに来ているということです。
このインパクトは計り知れません。私たちの社会のありようを大きく変化させるのは間違いないでしょう。
生活スタイルは時代、時代で変化してきました。わたしたちの生活スタイルのおおよそは近代国家ができたころ、明治時代から
続いていますが、それがここ数年大きな変化に見舞われています。

続きを読む≫ 2012/07/06 22:56:06
昔、景気の良い頃には企業にも余裕がありました。
会社内で人材を育てようという雰囲気もありました。
研修が頻繁にあったり、外部の講習会に参加したりなど、それなりのコストをかけて人材を育成していました。
でも、こうした人材育成には費用がかかるものです。
収益が減ってくると同時に、段々とそれをまかなうだけの余裕が企業になくなってきました。
新卒で学生を雇って育てていくのが難しくなってきたわけです。
結果、即戦力になる人材が優先されるようになっています。
今の雇用情勢は厳しいですが、そうした即戦力の人材はまだまだ求められています。
どうすれば、そうした人材になれるのか?
そうした意識を持って自らのキャリアを積むことも大切かも知れません。
続きを読む≫ 2012/07/03 14:48:03